こんにちは、アイエフシー武蔵小金井店です。

先日androidに感染するウィルス「Chrysaor」が発見されました。

この発見というのもイスラエルやジョージア、アラブ首長国連邦などの十数台のandroidデバイスにこの「Chrysaor」に感染していることが発覚したのです。

Chrysaorに感染すると恐ろしいことに、盗聴や連絡先が抜き出されるなど個人情報が流出してしまうのです。

昨年の2016年夏頃にはiphoneに感染する「pegasus」が発見されました。

今はもうiosのバージョンアップにより脅威は無くなったのですが、「pegasus」もChrysaorと似たように主に強制的にジェイルブレイクして個人情報の抜き出すなどの脅威がありました。

Chrysaorはpegasusの進化版でして、pegasusでは端末に攻撃して防がれた場合はそこで攻撃を止めるのですがChrysaorは他にも攻撃手段がないか模索して侵入してしまうのです。

そして・・・Chrysaorは端末を初期化しても削除することが出来ないのです。

このChrysaorですが感染してしまう原因として信頼できないアプリのインストールやSMSで送られてきたメッセージの中に記載されてあるURLに接続すると感染してしまうのです。

ただ、Chrysaorが含まれるアプリはgoogle playでは弾かれるのでgoogle playからのアプリのインストールでの感染は無いと思います。

しかし、それ以外でのアプリのインストールによって感染してしまう恐れがあります。

このように日頃からウィルスに感染しないように自分で自分を守りましょう!!

方法としては、google playからでもapp storeからでも信頼できないアプリはインストールしない(無名なアプリやレビューが一切ないアプリetc…)、見たことも聞いたこともない怪しいアドレスからのメールを開かない、

ウィルスに感染してしまうなど非現実的であまり実感が沸かないとは思いますが、常日頃から気を付けましょう!クレジットカードを使用されてしまったり写真や連絡先をばら撒かれてしまう恐れがあります!!