先日1月20日に横浜市教育委員会の岡田優子教育長の発言に批判が浴びせられています。その発言というのが「関わったとされる子どもたちが『おごってもらった』と言っていることなどから、いじめという結論を導くのは疑問がある」という発言です。
SNSや掲示板などでもこの発言がとても批判されており横浜市教育委員会の仕様に疑問を抱く方が大勢いるようです。

男子生徒は震災の5ヶ月後、2011年8月に福島県から小学2年生で転校してきた直後から名前に「菌」をつけられるなどのいやがらせを受け、不登校になり、小学5年生になった2014年には、「プロレスごっこ」と称して数人の児童から暴行を受けるようになりました。

また、横浜駅やみなとみらい周辺のゲームセンターでの費用、食事代、交通費などを負担させられ、その回数は、計10回ほど。1回につき5万~10万円で、自宅にあるお親の金を持ち出していました。

総額にして約150万円。しかし、学校側は8万しか確認していないという。8万円といえども大金だとは思いますが、これを岡田優子教育長は「おごりであってイジメでは無い」と認識しているそうです。

発言の撤回を申し入れた後、市教委側の担当者が報道陣に「教育長の発言は言葉足らずだった。当時はいじめと認定できたかというと難しいという趣旨だった」と見解を発表しました。

うーん・・・後付けの理由にしか見えません・・・

「おごりである」と大人が認識すればそれはイジメでは無いのでしょうか。絶対に違いますよね。